読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いでたくのいるグループをジャニヲタへステマするだけのブログ

先日放送されたスカッとジャパンという番組に私の推しであるいでたくこと井出卓也くんが出演しました。オネエ役で。

番組予告で女装姿を見た瞬間、私の中の女装大好きおじさんが塚ちゃんばりのロンダード・バク転・宙返り連続アリーナ一周きめるくらいの興奮と感動とエナジーがわき上がり、楽しみで楽しみで放送されるのを指折り数える日々でした。(無駄に乙女な表現を使っても言ってることは全く可愛くない)



余談ですがオタク(特にジャニヲタ)って無条件で女装好きだと思っていたんですけどそんなことないんですかね?みんなチキンバスケッツ*1好きだったよね??
手越の女装に女として完敗を認めつつ、かわいいモデルさんの画像感覚で画像保存したよね?
してないの??これ以上書くとお前別の次元行けよ、って話になるので終わりにします。
大切なことなので2回言いますが余談です。



そんなこんなで私が恋する乙女のように放送を待ったスカッとジャパンこと、ただの推しの女装は可愛いだけでなく、まさかのイケメンな姿まで見ることができ大満足の結果になったのでした。

しかし、ただオタクが満足するだけではなくしっかり爪痕を残してくれるところがさすがの井出卓也さん、伊達に芸歴23年やってない。twitterのホットワードやらちょっとしたネットニュースにもなり、1人喜ぶだけでは飽き足らず私はこんなブログを書いているわけです。




つまり何が言いたいかというと
ちょっと話題になってるのをいいことにいでたくが現在所属し、活動してるユニット”龍雅”(りょうがって読むよ!!)をステマしてやろう
ってことです。


ジャニーズ以外興味ないわ、とか言わず読んでみて。

ユニット名からして無理とか言わず読んでみて。
(私も最初おぉ...ヤンキーかな?って思った)

あなたの中の新たな扉が開く......かもしれない....から!


簡単にグループの説明をすると元々芸能活動してメンバー2人と番組の公開オーディションで選ばれた3人、合わせて5人で構成されるダンス&ボーカルグループです。


それでは張り切ってメンバー紹介いってみましょう。



三谷怜央(リーダー)

我らのリーダー、そしてパフォーマーのれおくん。
以前はvimclipというグループに所属していました。自己ブランドも展開している多才なダンサー。大阪府出身26歳。みんな大好き関西弁。MCはだいたいまとめ役。だけど自分もふざけたくなっちゃう。とりあえず全体的にうまい。ずるい。
赤髪だしちょっと近寄りがたい...と思いきやめっちゃ面白い。ブログでのコメント返しはだいたい1人大喜利。インスタでは突然進撃の巨人ごっこを始めたり、#やかましいわシリーズ(自分の写真に対してかっこいい決め台詞をつけてみるという独自の遊び)を更新してみたりと、さすが関西人と言わざるを得ない笑いのセンス。めっちゃシュールだけど。

自己紹介のC&Rは
「あーる!いー!おー!」

\れおーーー!!/



後藤慶太郎

みなさんkrumpって知ってますか?(第一声はだいたいこれ)(もはや挨拶)

krumpの世界大会で2位になったリアルガチの実力派。
佐野玲於くんとかジャニーズWESTの神ちゃんとかがする類のダンス。ダンスを見るのが好きな人は一度見たらハマること間違いなし。東方神起の曲の振り付けとかもしてる。はい、気になったらKTRで検索してみよう。
初見だとオラついてる人?怖い?パリピ?と思いきやまさかのオネエキャラ。髪型ワカメちゃん、ゴリラとか弄られ方がエグい。ハートは強めだけど実はメンバー1ピュアで優しい。GAPが半端ない。友達の数も半端ない。歌も結構うまい。愛媛県出身25歳(今年26歳)。ちなみに水はヤカンで飲むタイプ。



井出卓也


皆さんご存知イデタクこと井出卓也。イデタクってあの天テレの?ってなった貴方、同世代です(ハイタッチ)。俳優のイメージが強いかもしれませんがラップしてます。ソロでもやってます。ちなみにセクシープリンスって”キャラ”もやってます。

もはや有名亀梨担と化している強火はいふん。あまりに幸せそうだったので10ksの目覚まし時計を持って浮かれはしゃぐ画像を選択しました。ジャニーズ大好き。1人で仁亀。高確率で既視感の感じる服装。実はKAT-TUNだけじゃなくてNEWSやらsexy zoneやら現場は結構幅広く行くタイプ。ジャニヲタなら一度見て欲しいジャニーズ感。1人でぶっ飛び初めて1人でキャッキャっしてるのがとってもかわいい。

自己紹介のC&Rは
「せくしーーー?!」

\ぷりーんすっっ!!/




岸本勇太


公開オーディションでグループの顔であるボーカルをただ1人勝ち取ったゆうたくん。
ただひたすらに顔がかっこいい、山梨県出身23歳。そう、イケ世。顔がかっこよくて歌も上手い、のになかなかの天然。隠しても隠しきれず各方面から溢れ出てくる天然エピソードは数知れず。特技はパズルと言いながら完成する頃には3つくらいパーツがないらしい。(それパズルではなくない?もはやそれ特技じゃなくない?)

チャラいという言葉にとても敏感(かわいい)チャラいって言われると拗ねる(かわいい)かっこいいって言われると分かりやすく喜ぶ(かわいい)




清水啓太


曲中によくアクロバットをしているのがパフォーマーの啓ちゃん。
最年少の21歳。パフォーマーの中では断トツで経験が浅いのなんて感じさせないパワーと迫力。とっても努力家。年下好きにはたまらない可愛さ。そんでもって私服がめっちゃお洒落。インスタの写真からいちいち伝わるセンスがズルい。古着男子が好きならすぐハマる。もはや手が勝手にフォローしてる。

最近は緊張も取れてきてMCで結構喋る。頑張って考えてきたよーーってときは滑りがち(笑)多分楽屋の方が面白いタイプ。りょーがのムードメーカー。


自己紹介のC&Rは
「俺に任せとけーー?!」

\おっけい(啓)!!!/






※一個人の意見なのでそんなんじゃないし!って思っても石投げ無いでね☆

兎にも角にも一度ライブで見たら本当のかっこよさが伝わると思うので、無料で参加できるリリースイベントに来てください(雑な宣伝)

a-nationに行く方は両日リゾートステージでライブをやるからせっかくなら見にいっても損はないはず。





ほらちょっと気になってきたでしょ?きてない??

twitter検索してみよっかなって思ったでしょ??思ってない??

C&Rしたみたくなったでしょ??そんなことない??

無料ならせっかくだから握手してみたいかもって思ったでしょ??



まあまあ、そんなこと言わずまずはLINEのお友達から初めてみませんか??

*1:佐藤勝利くん主演の深夜ドラマ「49」内で結成された女装ユニット

2016.5.28 TakuyaIDE 4thLIVE「Radio Jack」

楽しかったーーー!!!!!


すっごく楽しかった。めっちゃくちゃ楽しかった。超楽しかった。ウルトラ楽しかった。全部楽しかった。元々乏しい語彙力がほぼ皆無になってしまうくらい”楽しかった”って言葉しか出てこないくらい楽しかった。



始まる前からワクワクが止まらなくて、最初から最後まで顔面崩壊級の笑顔だった自信がある。

ライブ翌日はペンライトを振り続けた右手と、2時間半以上はしゃぐ自分の体を支えた両足と、張りさけるくらい叫んだ喉と上がりっぱなしだった口角が痛かった。


ワンマンライブ自体は4回目だけれども、私が参加するのは今回が初めてで。
なんならライブハウスでオールスタンディングのライブ自体がほぼ初めての状態で。
正直少し怖かった。緊張した。知らない曲のときどうしよう、ノリについていけなかったらどうしよう、1人で立ち竦んでしまったらどうしよう。不安だった。全くもっていらぬ心配だったけど。


OP映像が終わってゆっくりとスクリーンが上がってステージに立つたくちゃんを見たときドキッとした。
ドキドキしていた心臓がギュッと掴まれたみたいに胸の奥が痛くなった。
大好きな人がカラフルなライトに照らされて目の前のステージに立っていることが嬉しくて幸せでたまらなかった。

ここにいる人はみんなたくちゃんのことが好きで、たくちゃんのライブのために集まった人だと思うと会場ごと愛しくてたまらなくなった。


想像以上に世界観とコンセプトがしっかりしていて最後までまでブレることなくライブが進んでいってさすがだなぁとしか言いようがない。



このテンションで書き続けると書き終わる前に記憶がなくなるのでここからは必殺感想の箇条書き!(笑)
詳しいレポはたくちゃん本人のブログを読もう!RADIO JACK (たくわんぶろぐ1)|井出卓也オフィシャルブログ「POP LIFE」Powered by Ameba





  • コンセプトはタイトル同様ラジオジャック。ダサい音楽を流すラジオは乗っ取ってイケてる音楽に変えちゃうのがラジオジャック様。カッケー音楽聞いて夏を呼ぼうぜ!的な
  • 最初の衣装は全身白で王子様!!まさにプリンス!!プリンス様が降臨している!!白が反射して眩しい!!顔がカッコいい(いつも)!笑顔が眩しい!!足が細い(いつも)!!安定の三角の腰布も白!!目がそらせない!!そらす意味もない!!
  • サングラスとるぞとるぞとるぞ〜〜からの\キャーーーー/1かず兄入りましたぁーー!!
  • PINA COLADAのBメロでまさかの大得意なポポフー((ぽん、ぽぽん、ふーのリズムに合わせて手を叩いて手を挙げる動き)が出てきてブチ上がるオタク心。たくちゃんソロでこの動きができるなんて!!!という謎の感動。
  • ゲストのけんけんこと鎌苅健太さん扮するDJケンボーの公開生放送に出演しているという設定で衣装チェンジして登場。私の大好きなゴテゴテアイドル衣装!!グレー?カーキ?(記憶力とは)のジャケットとパンツに肩の辺りには色んな装飾と片腕周りと片足には縦のスパンコールラインが入っていてザ!って感じでした。アイドル衣装大好き人間なのでどこかで画像が披露されるのを全力で待機!(笑)
  • ココアの話をするたくちゃんはいつもよりちょっぴりやんちゃであっ、年下感でてるなぁ〜なんて思ったり。龍雅のメンバーの話をするときはちょっぴりお兄さんな顔になったりコロコロ変わっていく表情を一秒足りとも見逃したくなくて必死に目に焼き付けながら話を聞いてたくさん笑った。



  • だーれだ \たーくや!/

だーれだ \たーくや!/
せくしー \ぷりーんす!/
念願のだーれだ\たーくや!/が出来て感無量。最高の一体感。何回やっても飽きない。一生叫べる。


  • スペシャルゲストのMummy-Dさんが出てきたときのたくちゃんの浮かれっぷりが可愛くてたまらない。神だーー!!って終始目がなくなっちゃうくらいニコニコ嬉しそうにしていて本当によかったね、と母のような気持ちで勝手にほっこり。そして飾らない人柄のMummy-Dさんのかっこよさに拍手。
  • 歌って踊りながら水飲んでペットボトルごと脇に投げ捨てる(かっこいい)「いろはす!」
  • どのタイミングの映像か忘れたけどバク転してた!!バク転で去って行った!絶対服重いのに!!動きにくいのに!!てかたくちゃんってバク転できるんですね!!!さすが!!かっこいい!!アクロ厨の血が!!ちょいと着地が重めだったけどそれはきっと服のせい!!(笑)
  • 1人MCになると突然首筋をかき始める。「かゆくねーよ!!」かわいい。
  • 「ファンサする約束をしたので今からファンサしまーす」からの進化系投げちゅーを四方八方へ連発する(笑)\雑!!!!/
  • EC前の掛け声が足りないと、自らたくやコールを誘導してくれる優しいたくちゃん(笑)

だーれだ\たくや!/
だーれだ\たくや!/
だれ!\たくや!/だれ!\たくや!/
セクシー?\ぷりーんす!/
本人いないのに面白いくらい盛り上がってた。これはすごい。


  • ラストは最初と同じくLuckyDay。これすっごい楽しかったなーー!!サビの簡単な振りを一曲目のときに覚えたので最後に歌った時はみんなが同じ振りが出来てて綺麗で楽しくて永遠にLuckyDayが終わって欲しくなかった。今日も明日も明後日もLuckyDayだったらいいのにーーー!!!



記憶力と表現力の乏しさの露呈になっただけになってしまった気がするけどそもそもこのブログ自体が自己満足かつタイトル通り主観の塊なので気にしない。

そもそも余韻に浸りすぎてブログを書こうとした頃には記憶が薄れかけていた。感情のままにね、熱してるときに書こう。これからは(笑)


初めて聴く曲もあったし、なんなら生で聴くのは全部初めてだし。
今まで画面越しでしか、イヤホンの向こう側からでしか見ることも聞くことも出来なかったココア男の曲が聞けて嬉しくてたまらなかった。
ココアの頃からファンだった人たちの思い入れに比べたら足元にも及ばないのだろうけど、ココアのメンバーからのサプライズメッセージに崩れ落ちるたくちゃんの嬉しそうな顔は一生忘れないと思う。


ステージで歌うたくちゃんはいつも以上にキラキラしていてかっこよくて幸せそうだった。

私達が楽しくて楽しくて仕方がないようにたくちゃんも楽しくて楽しくて仕方がなさそうだった。


今まで足を運んだ会場の中で一番小さなライブハウスだったけどサイズなんて気にならないくらい歌もラップもパフォーマンスも作り込んだ演出も全て素晴らしかった。

と、言い切りそうになったけどそれは無理。

もっともっと大きなステージに立つたくちゃんを見たいと思った。

もっともっとド派手な演出をして欲しいと思った。

びっくりするような演出も、着たい衣装も全部全部形にして欲しいと思った。

吹き出る銀テープの向こう側で俺を見ろ!って言うたくちゃんが見たいと思った。

もっともっと広くて綺麗なペンライトの海を見せてあげたいと思った。



もっともっと売れろと思った。





300分の1だった私が、次のワンマンライブは何千分の1になれるのか。そんなことを考えるだけで今日も明日も明後日もたくちゃんのファンな毎日がLucky Day!!

ホタルのヒカリSP 対談から考えた身勝手なアイドル論

しかし、俺は、、ヲタだったのか(笑)

お知らせ(WEB)|井出卓也オフィシャルブログ「POP LIFE」Powered by Ameba

何この「ジャニーズ全然詳しくないんで〜」って言って少年隊からsexy zoneまでだいたい歌えるジャニヲタ感。


「ゆるおたなんで〜」って言っておきながらだいたいの会場でしれっと前列に入ってるジャニヲタ感。


オタク極めれば極めていくほど常に上には上ががいる敗北感と安心感から自分はまだまだだと思い込んでしまうんだよね。なんだろうね。卓也さん、あなたは相当オタクだから落ち着いてほしい。


そんなこんなでホタルのヒカリSP読みました。漫画自体も面白い(ジャニヲタの漫画なので共感しかない)から新刊が出るのを普通に楽しみにしていたらまさかの


井出卓也×ひうらさとる スペシャル対談


ちょっと何が起きてるかわからなかったですね。もちろん卓也くんはKAT-TUNが、亀梨くんが大好きで大好きで仕方ないことも、ひうら先生がKAT-TUNの大ファンなことも言わずもがな知っていたけれどまさか、まさかこんな風にこんな形で新しい仕事が舞い降りてくるとは!!

予想外過ぎて思わず笑うことしかできなかった。
そして楽しみでしかなかった。私もジャニーズが、KAT-TUNが大好きで、大好きな卓也くんの口から沢山大好きな人の話が聞けるなんてそんな幸せなことないじゃないですか!!

好きなものについて話す人ってすごくキラキラしていて幸せそうでこっちまで楽しくなっちゃうじゃないですか!!

あーーもう対談だけじゃなくて映像化してほしい!映像で見たい!!どんな顔してどんな身振りでどんな間で話してるのか全部全部知りたい!!見たい!!


対談自体は冒頭から末尾までただひたすらに同意することしかできなくて、首が取れるのではないかと思うほどひたすら首を縦に振りながら対談を読んだ。

朝の通勤電車で(笑)



まだ発売したばかりの作品なので対談の内容を事細かに解説するのはやめておきますが(本当は1から100まで語り尽くしたい)(誰か相手して)、どうしても卓也くんが好きで好きで仕方ないと思ってしまった一部分を抜粋させてください。


井出:アイドルが成立するためには、彼らがどんなことを考えているかってこととか、どういう気持ちでパフォーマンスをやっているかっていうファンの想像力をかきたてられやいといけないと思うんですよ。(中略)その想像する隙間があればあるほど、アイドルって成り立つんだなって思うから…。

ホタルのヒカリSP4巻 井出卓也×ひうらさとるスペシャル対談 より

それなーーーー!!!



身勝手に好きになったんだから、身勝手に好きでいていいんですよファン側って。本人のことなんてきっと100分の1も知らないんですよ、きっと。だからねステージで、舞台上で、画面の向こう側で、どこで誰に向けられたものなのかなんてね、好き勝手に解釈していいんですよ!今のウィンク絶対私に向けてきたわ!私のこと結構好きじゃない?!って勘違い(じゃないかもしれないけど)しても何にも悪くない。むしろそれが正解。だってそれが夢を見せるって仕事、アイドルだから。


あぁ、愛しいあの人、お昼ご飯なに食べたんだろ?*1なんて気持ち悪いくらい乙女な妄想したっていい。パスタかな?いや、きっとお昼はガッツリ派だな。とか想像するのってすっごく楽しくないですか?私は楽しい(笑)むしろ一番の楽しみはここだと思っているオタクなのでこの部分を大切にしてくれる人を好きになれて心底良かったと思わずにはいられない。


ファンの気持ちがわかる。
ということは一見簡単なように見えておそらくすごく難しいことなんだと思う。
可愛い女の子が山程いるAKB48の中でさっしー*2ゆきりん*3が一気にファンを獲得できたのって本人達自身が女性アイドルのファンだったからだと思う。もちろん他にも容姿や本人の底知れぬ努力もあるだろうけど、根本的にアイドルに求められるモノをいち早く把握できていた部分がすごく強かった気がする。(AKBに関しては基本的に茶の間だったけど)


話が逸れてしまったので元に戻すと、卓也くんはファンの需要をしっかり把握してうまいこと還元できる人なんだなぁ、と思えたことが単純にすごく嬉しかった。みんな卓也くんのファンになればいいのに!!絶対楽しいよ!!って大声で叫びたくなった。


私のような初心者はまだまだ知らないことだらけだからちょっとでも新しいことを知れるだけですごく楽しい。想像力を掻き立てる材料が増えることがすごく楽しい。


そりゃね、私が好きになるに決まってるんですよ、卓也くんのこと。ジャニーズで1番好きな部分大切にして欲しい部分ギュギュと凝縮してるんだもん、卓也くん。
そりゃ生まれて初めてジャニーズ以外の男の人のファン始めちゃうよね。
ラストキス見て拗らせ始めちゃうわ。不可抗力。白旗万歳、はいはいお手上げ。
全て計算通りだとしても、キュンしかなかったもん。好きになるにしかなかったもん。ずるい、でもやっぱりちょろい女万歳。


アイドルの定義なんて人それぞれかもしれないけれど私の中で世界一のアイドルは卓也くん、ただ一人だなと確信できた。
龍雅というユニットだったりアーティストだったり、俳優だったりいろんな顔を持っている人だけど、何より私に夢を見せてくれる人だから。
私の中では一番のアイドル、そんなくだらない戯言を胸を張って勝手に言ってもいいんだと思わせてくれた、素敵で楽しい対談でした。

*1:モーニング娘。のザ ピ〜ス!

*2:HKT48指原莉乃ちゃん

*3:柏木由紀ちゃん

KAT-TUNとたくちゃん

12:00〜13:00 サンシャインシティ噴水広場リニューアルオープンイベント

18:00〜 KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR "10Ks!"

1日で2つの現場をハシゴしたのなんていつぶりだったっけ?かたや知って間もないグループと10年以上前から知り続けていたグループ。若手アイドルの登竜門と呼ばれるサンシャイン噴水広場と日本最大級のライブ会場東京ドーム。狭いからいい、広いからいい、そんなことは関係なくどっちも楽しくて好きなものを沢山摂取できる幸福感でいっぱいの1日でした。


そして数時間前まで目の前でパフォーマンスをしていた大好きな人が、同じように大好きな人のために東京ドームへ向かっていたという事実がとても不思議で感慨深いものがありました。数時間前までステージに立つ者とファンだったはずなのに数時間後には同じ目線で同じステージに胸を熱くするファンになっている状況ってなんだか不思議だけど嬉しかったな。


全て主観ですが、KAT-TUNのコンサートってジャニーズのコンサートの中でも群を抜いてクオリティが高くて派手で豪華で楽曲もかっこよくて私達の世代なら誰もが聞いたことのある曲が沢山あって見た後の満足度も高揚感も桁外れで飽きる時間が1秒もない。女の子だけではなく男の人から見てもカッコよくて憧れる人も沢山いる。現にジャニーズJr.にはKAT-TUNには憧れて事務所に入ったり、入所してからも自由に選曲できる機会があれば奪い合いのようにKAT-TUNの曲を歌います。
今回のコンサートは時期が時期なだけに涙無くして見ることはできなかったし、思い出が走馬灯のようにフラッシュバックしてた。このブログでKAT-TUNについて語るのはお門違いすぎるから感想はほどほどにしておくけれど、僅かな寂しさと多くの青春、未来への希望が詰まった一生忘れることの出来ないコンサートだったなぁと思います。


こんなコンサート見に行ったらさ、きっと今まで以上に東京ドーム行きたくなっちゃうよね。

大好きで大好きで仕方ないKAT-TUNのコンサートを見てどう思ったのかなんて所詮本人しかわからないけど、私も同じような気持ちで龍雅やたくちゃんのイベントに参加しているよ、と大声で伝えたいと思わずにはいられませんでした。

たくちゃんはKAT-TUNが、かずにい*1が大好きで。KAT-TUNのライブに行くのを糧に頑張ったり励まされたりしている、というようなことをすごく真っ直ぐに言葉にしています。その気持ちが痛いほどわかって、同意せずにはいられなくて、私みたいなファンにとってはたくちゃんもそんな存在です。だから頑張って。今度はドームに立つ側になって欲しい。
360度光を飛ばすレーザービームも、初めての人は耳を塞ぎたくなってしまうような大量の特攻も全部全部使って欲しい。夢で終わらせないで欲しい。
ステージに立つたくちゃんのためにドームに通うのが私の夢です。

*1:亀梨くんのこと

ジャニヲタ、井出卓也のファンを始めるの巻


ジャニーズ事務所に所属している、所謂”ジャニーズブランド”が好きだった。

ごくせん、野ブタあたりの爆発的なブームに流され中学生の頃にYJでジャニヲタデビュー。
着々と重ねていく年齢と反比例のように若手グループに興味を持ち最終的にはJr.担に落ち着くという模範的なジャニヲタ人生を送ってきました。

そんな私が生まれて初めてジャニーズ以外の芸能人のファンになりました。
この人を応援したい、夢が叶っていく過程を目にしたいと思える人に出会いました。
正直な自分でも何が起きているのかわからないし、どうしてこんなことになったのか理解できないけれど楽しくて幸せなのだからこれはもう仕方ない。


軽い気持ちで足を踏み入れてみた場所は”沼”ではなく”穴”でした。
ゆっくりゆっくりと足を取られて全身が抜け出せなくなるのではなく、一歩踏み出した先の落とし穴にスコーンと落ちていきました。
穴の底には”せくしーぷりんせす”なんてちょっぴり耳馴染みのある愛称のかっこよくてかわいい人に捕らわれて逃げ出せなく、いや戻りたくなくなってしまいました。


ここまではてなブログらしく詩的な表現をしてみたけれどただの現場落ちです。
ラストキス*1を見て顔もキャラもタイプ!好き!と騒いでいたら、実は今度”龍雅”ってユニットでデビューするらしい。そして近場でイベントもあるらしい。と耳にして人生初のリリースイベントに参加してしまったが最後。一緒に参加した友達含め完全にスイッチが入ってしまいました。*2


イベント会場は基本的にスーパーやイオンの特設ステージ。驚くほど狭くて近い。クリエ*3なんて比にならないレベルで狭い。

横アリが狭い、小さいの感覚で生きてきたジャニヲタにとっては失礼だけど「えっ?ここでやるの?やれるの?」なんて気持ちになった。最初だけね。
それでもミニライブが始まったらパフォーマンスは間違いなく本物だったし、MCも結成して半年とは思えないほど面白くてバランスが取れていてもっとこの人達のことを知りたいと思う気持ちでいっぱいになった。表現することに会場の大きさなんて関係ないし、十二分に彼らの魅力は伝わってきたけれどあまりにも小さすぎる会場に歯痒い気持ちになった。売れろ。売れてもっと大きなステージに立つ5人が見たいと思わずにはいられませんでした。
デビュー前から”夢は東京ドーム”なんて堂々と口に出すユニットってすごく珍しい。ワンマンでやりたい!とか、武道館埋めたい、じゃなくて最大級の会場を目指す彼らの応援をしたい。一緒に夢を追いかけたいと馬鹿みたいに熱くて青春漫画のようなキラキラした気持ちが湧き上がって止めることができませんでした。


そして勢いで参加した握手会。ここで完全にやられました。ノックアウト。完敗。
まずジャニヲタって接近戦慣れてないんですよ。タレントに一方的に好き勝手に好意を発信して自己満足で終わらせるんですよ。
でもね、しっかり反応が返ってきちゃうの。「初めてきました。」って言ったら「きてくれてありがとう」って言われるし、「えっ、かっこいい....」って思わず声が漏れたら「もっと言って〜」なんてしてやったり笑顔で言われたりしたら、そりゃもうハマっちゃいますわ。*4ちょろいもんだよ。握手会商法恐るべし。

とは言っても、接触で沸いた感情なんて一瞬で冷める、はずでした。
思いきや気づけば暇さえあれば検索をし続ける日々。
ブログを隅々まで読んだり、出来る限りの動画を見たりして見たことのない表情や考え方を知れることがただただ嬉しくて楽しかった。好きな理由が”距離の近さ”だけではなくなっていった。
新しいものを好きになるのって実際すごく体力もいるし、特にアイドルだったりアーティストのファンだと昔からのファンに対して劣等感だったり引け目を感じてしまいがちだけれども、そんなもの全て吹き飛ばしてくれるくらい惹かれるモノがあったんだと思う。過去よりも未来に向かう今のこの一瞬を自分の目で見届けられればそれでいい。今、現在が常に最高潮を作り出してくれる人だと信じられるからそれでいい。


幼い頃から芸能活動を続けている人の全てを把握することなんて不可能だし、好きになって間もない私が人間性や性格を理解できているわけがないけれどそれでも知れば知るほど可愛くて暖かくて優しい人だなぁと思った。目標を現実に変えていける力がある人だと思った。そして何よりもこの人には幸せになって欲しい、と思った。


まずね、ジャニーズが好きなんですよ。共演してからKAT-TUNさんのファンになりました〜、みたいなノリじゃなくてガチのファン。強火亀梨担。さりげなくコンサートTシャツ着てみたり、山猫サングラス買ってみたり、コンサートの感想あげてみたりやってること完全にこっちサイドだね、って。同族意識
これだけですでに愛しい、かわいい。けどそれだけじゃなくて、エンターテイメントとしてジャニーズのいい部分を吸収して本人なりに上手く還元しようとしている気がする。
好きになった時期も好きになった世界も同じなんだもの。目指す場所、共感せずにはいられないよ。(ただやり過ぎには注意してね、とは思う)


完全に個人的なツボになんだけれど、ちょっと変人。いや結構かもしれない。大好きなんですよ、変な人。摑みどころがなくて面白くてもっともっと知りたい、と思える。何考えてんだろう?って笑顔で見守りたくなる。

”好きなタイプは妖精さんみたいな人”
”シンデレラはガツガツしてるから白雪姫が好き”

とか言っちゃう25歳。大丈夫?どんなキャラなの?設定守っていける?ぶっ飛び星人が急に真面目に男らしいこととか言ってしまったら落ちないワケがないんだよ。おばかっぽく見せかけて青学出てたりさ。そういうギャップみんな好きでしょ?


何百人ものコメントに一つずつ丁寧すぎるくらい丁寧に返してくれる優しさも*5、メンバーの魅力をさりげなく引き出せる力やふわ〜っとしているように見せかけて頭の回転が早いところも、環境が変わっても前を向いて自分の立ち位置を見つけられる賢さも素敵で大好きだな。
月並みな言葉しか浮かばなくて悔しいけれど本当に素敵な人だと思う。


そして何より顔がかっこいい
(結局はこれに尽きる)

本当はもっとステマしてやろう!と思ったけれど私にそんな文章力や語彙力なんてあるわけもなく、そもそも新米ファンがそんな烏滸がましいことできず、今の感情を残しておくためのブログを更新していました。
誰か興味持ってくれないかなぁ(笑)いつでも仲間募集中だよ。



そんなこんなでイデタクこと井出卓也くんのファン、始めました。

*1:3月8日放送分。神回と呼ばれるほど素晴らしい回だった

*2:最初はみんなイデタク見たい!くらいの気持ちのはずがそれぞれ違うメンバーに落ちていった

*3:ジャニーズのコンサートでは最小レベルの小ささの会場

*4:実際は緊張しすぎて何を言ったか、何を言われたかなんて殆ど覚えてない。多分こんな会話をした気がする。

*5:ぷりんすのせくしー返信①|龍雅オフィシャルブログ Powered by Ameba